〒275-0026 千葉県習志野市谷津7丁目7-1 Loharu津田沼1F

お電話でのご予約はコチラ
047-411-7118
インターネット予約 ご意見・ご要望

根管治療root canal

当院の根管治療について

そもそも根管治療とは?

根管治療の必要性

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。このような治療の歯の根は非常に細く、拡大鏡やマイクロスコープ(拡大顕微鏡)が役に立ちます。なお、虫歯が歯髄まで進行した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。根の先に膿が溜まった状態ですと、痛みを感じたりする場合があります。

歯の根(根管)は、歯を支えるための土台=基礎です。建物に例えると分かりやすいのですが、基礎がしっかりしていなければ、どんなに立派な建物を建てても倒壊してしまう可能性があります。歯も同様で、土台である歯根がしっかりしていなければ、立派な被せ物を作ってもすぐに外れたり壊れたりといった残念な結果に…。まずは土台をしっかり整えた上で、歯科治療を進めることが重要です。

* 抜歯という選択肢

歯の治療は100%ではありません、適切な治療を繰り返しても炎症を繰り返す場合や長期に渡って炎症を起こし、広範囲の骨吸収がある場合は抜歯しなければいけない場合があります。


根管治療での痛みへの配慮

麻酔の痛みを少なくする電動歯科麻酔注射器や表面麻酔を使用しできるだけ痛くない麻酔をした上で治療を行ないます。

オーラスター(電動歯科麻酔注射器)

拡大鏡


マイクロスコープ

デンタポート(根管長測定機能付き根管拡大装置)


マイクロスコープの必要性

マイクロスコープで患部を拡大して見ることで、患部を大きく、そしてマイクロスコープについているライトで明るく見ることができ、肉眼では見えにくい部分も確実に治療をすることができます。以前は、難しいとされていた症例にも対応できるようになってきました。

歯根端切除術

歯根端切除術について

歯根端切除術とは

一般的に、虫歯や外傷で歯の中の根管が細菌感染し、歯根の先に病巣ができ歯茎が腫れたり痛みがある場合、非外科的な根管治療を行うことで症状が改善されます。
しかし、非外科的な根管治療を行っても症状が改善されない場合(根管が閉鎖している・曲がっているなど)には、感染が残存している部分を外科的に取り除く処置(抜歯など)が必要です。

歯根端切除術は、①歯根先病巣の摘出 ②歯根端の切除 ③*逆根管充填*を行って抜歯をせずとも成功率90%以上で症状の改善を図ることができます。他にも、歯に入っている金属の土台が長く除去が困難で、根管治療が難しい場合、歯根端切除術が行われる症例もあります。

ただし、すべての歯に対して行われるのではなく、一般的には根が一つの歯(前歯、小臼歯)に対して行われます。大臼歯といった後方の歯は、術野が狭くなり手術が困難であるためきちんとした検査をしたうえでできるか判断をしなくてはなりません。

*逆根管充填とは

根管治療の不良原因のほとんどは、歯根先端の約2㎜以内の根管と感染歯質にあります。そのため歯茎を切って、この歯根先端を切除して除去し、再感染の原因となる切断面の根管を綺麗にして歯根先の方からセメント充填を行い、最後に糸で縫います。

歯根端切除術のメリット・デメリット

歯根端切除術のメリット

  1. なかなか治らない根っこの治療の症状を
    改善できる
  2. 被せ物を取らずに治療することができる
  3. 保険適用内で治療できる
  4. 歯を残せる可能性が高い
    (※残せない症例もある)


歯根端切除術のデメリット

  1. 外科的侵襲を伴う
  2. 奥歯など、部位によっては治療ができないこともある


衛生管理と感染予防

衛生・滅菌体制について

患者様に安全・安心な歯科医療をご提供するためには、日ごろから徹底的な消毒・滅菌・院内感染防止対策を行うことが必要不可欠です。ただし、その対策には多大な設備投資が必要になります。そのため多くの歯科医院で実施できていないのが現状です。それでは患者さんはいったいどのようにして、滅菌・院内感染予防対策を行っている歯医医院かどうかを判断すれば良いのでしょう?

ひとつの基準になるのは『外来診療環境体制加算』という加算点数を算定している歯科医院かどうかです。

津田沼カナデル歯科は、『歯科外来診療環境体制(外来環)』の施設基準を満たした認定歯科医院です。『歯科外来診療環境体制』とは、歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制のことです。当院は、厚生労働大臣が定めた施設基準に適合し、地方社会保険事務局長に認可された医療機関です。地方社会保険事務局長に届け出をして、安全で安心できる歯科医療環境が整っていないと施設基準をクリアすることができません。この『歯科外来診療環境体制』は、患者様が、安全・安心な歯科医療を受けることができる環境が整備されている歯科医院かどうかを判断する、1つの大きな基準です。


当院では厳格な滅菌体制、衛生管理を徹底しております。残念ながら、歯科医院の『滅菌・消毒』レベルは、医院によって異なるのが現状です。滅菌・消毒基準は、『医院のスタッフが家族を連れてきたいと思えること』とスタッフ一同意識を共有し、そのための環境作りに日々取り組んでいます。衛生管理は医療機関として当然の責務であり、基本です。当院では、滅菌、感染予防のためのマニュアルを構築し、誰が行っても高いレベルでの滅菌ができるよう体制を整えていますので、安心して治療に専念いただけます。

セカンドオピニオンという選択肢

他院で治療途中での相談・治療

病院での長い経験から感じることは、患者さんは不安であるということです。いつも通っている歯科医院で提案されたことが正しいかどうかよくわからない、不安である。津田沼カナデル歯科ではそんな方向けにセカンドオピニオン(提案されている治療の適正相談)も可能です。提案された治療がエビデンス(根拠)に基づく治療であれば、ぜひ元々いっていた歯科医院で治療をお勧めします。不安が少しでも解消されて治療が前に進むのであれば元々いっていた医院での治療を応援したいと思います。なにかあって治療中断された場合でも当院での継続した治療やフォローが可能です。悩んでいれば相談してください。気軽にいつでもどなたでもどこからでも患者さんの笑顔獲得の応援に協力します。当院ではカウンセリングスペースを用意しておりますので、相談だけでもぜひ気軽にどうぞ。

津田沼カナデル歯科
所在地
〒275-0026
千葉県習志野市谷津7丁目7-1 Loharu津田沼1F
※津田沼駅より徒歩1分/新津田沼駅より徒歩5分
電話番号
047-411-7118
診療時間
平日 10:00-13:30/15:00-20:00
土日 10:00-13:30/14:30-18:00
※休診日:祝日