〒275-0026 千葉県習志野市谷津7丁目7-1 Loharu津田沼1F

お電話でのご予約はコチラ
047-411-7118
インターネット予約 ご意見・ご要望

歯ぎしり・食いしばりbruxism

歯ぎしり・食いしばりについて

そもそも歯ぎしりとは?

睡眠中の歯ぎしりには、上下の歯をギリギリと横にすり合わせるグラインディングと、あまり音を立てず強く噛みしめるクレンチング、その両方が混在したタイプがあります。

いずれも珍しいものではなく、人口の5~15%が睡眠中に歯ぎしりをすると言われるほど。それどころか、だれでも寝ている間、多少は歯を合わせています。
ただ、一定以上の強さや回数だと、後述するような悪影響があるため対処が必要となります。

歯ぎしりを引き起こす原因

なぜ歯ぎしりをするのか、くわしい原因はわかっていませんが、遺伝や飲酒、喫煙、カフェイン摂取、ある種の抗うつ薬の服用、ストレスなどの関与が指摘されています。歯ぎしりは、実は浅い眠りのときに起こることがわかっています。人間は深い眠りと浅い眠りを交互に繰り返し、深い眠りのとき筋肉の動きは抑制されています。そして眠りが浅くなると抑制が解け、その拍子に咬筋(頬の筋肉)が動き、歯ぎしりが起こると考えられるのです。
先にあげた飲酒や喫煙、ストレスなどは、睡眠を浅くする要因であり、とくにストレスは、歯ぎしりの7~10%に関与していると言われます

日本人の70%の方が歯ぎしりを経験していて、多くの人が自覚していないことが分かってきました。歯ぎしりによって詰め物がかけたり、すり減ったり、さらに歯に強い力が加わると、歯が割れたりすることもあります。また、健康な歯であっても、歯ぎしりによって歯が揺れたりすることもあり、歯を失う原因になることも多いのです。 歯ぎしりというと、寝ている時にぎりぎりやがりがりといった音がするものをイメージする人が多いでしょう。歯ぎしりは、大きく分けると下記の3つに分けられます。

3種類の歯ぎしり

* グラインディング(歯ぎしり)

歯ぎしりの中でも最もたくさんの人にみられるのが「グラインディング」と呼ばれるものです。これはギリギリと歯を擦り合わせる最も一般的で頻度の多い歯ぎしりで、回りの方に気づいてもらえることが多いものです。上下の歯を強く噛んだ状態で横に滑らせこすり合わせる動きをいい、最も歯にダメージを与える歯ぎしりで、歯の削れが大きく歯が擦り減って平らになるという特徴がみられます。眠っている時に起こることが多いようですが、起きている時にしている人も少ながらずいるようです。ただし、実際には音のしない歯ぎしりをする人もいるため気づかない場合もあるようです。

* クレンチング(食いしばり)

クレンチングは、食いしばりとか咬みしめとも言われています。上下の歯をぐっと強い力で噛みこむことで、グラインディングと違い横にこすり合わせることはありません。日中、力仕事の時に食いしばるように、寝ている時も同じように力が入ってしまう(クレンチング)行為で、音が出ないために自分で自覚している方は殆どいません。よく見ると、クレンチングをしている人は頬の筋肉に力が入るため堅く膨らんで見えることがあります。人は、1日の中で食事や話すことで上下の歯を咬み合わせるという行動は必然的に行っていますが、実際のところ上下の歯が咬み合っている時間は実質わずか5分から長くても20分程度といわれます。普段無意識の時などは上下の歯はくっついているわけではなく少し隙間がありますね。これを安静位空隙といいます。クレンチングがある人は、この20分の時間が大幅に増えさらに強い力が加えられていることになります。

* タッピング

タッピングは、上下の歯をかちかちかちと噛み合わせるもので、比較的頻度の少ないタイプの歯ぎしりです。寒くて震えている時のような状態で、歯を小刻みにぶつけ(タッピング)小さな音を出します。歯ぎしりのタイプは以上の3つに分類されますが、いつ歯ぎしりするのかによって「睡眠時ブラキシズム」と「覚醒時ブラキシズム」にも分けられます。睡眠時ブラキシズムは言葉通り眠っている時に起こる歯ぎしりのことをさし眠っている時なので無意識に起こっていると考えられます。一方、覚醒時ブラキシズムは、起きている時に起こる歯ぎしりのことで、いわゆる癖ということになります。いずれにしてもあまり自覚がないのが歯ぎしりで、なかなかしないようにするのは厄介です。

歯ぎしり・食いしばりによる悪影響

骨隆起

骨隆起とは骨が部分的に膨らんだような形になったものです。
主に下顎の歯の内側や上顎の内側に、ボコボコと硬く丸い形状でできます。

基本的には経過観察となりますが、発音障害、入れ歯の適合不良、口内炎ができやすいなどの場合には骨隆起を切除する手術が必要になる場合があります。
また別の腫瘍性疾患の可能性もありますので気になる場合は、一度ご相談ください。

歯ぎしりの治療

強い歯ぎしりを繰り返していると同室の人に指摘された場合、一度、歯科を受診することをお勧めします。歯科では、多くの場合、その指摘や歯の摩耗の状態、起床時の筋肉の痛みやこわばりがないか、また顎の筋肉が発達してエラが張っていないか、などの点から診断をつけます。治療にあたって、まず睡眠時無呼吸症候群や逆流性食道炎が疑わしい場合は、その診療科に紹介します。そうでない場合は、飲酒の制限や禁煙のアドバイスなど、眠りを深くするための生活の改善を勧めます。それでも治まらない場合や、歯の摩耗が進み、すぐに保護したほうがいい場合は、睡眠時に樹脂製のマウスピースをかぶせるスプリント療法を行います。歯や顎にかかる圧力が低減し、歯の摩耗やインプラント、詰め物の欠損を防ぎ、歯周病悪化や顎関節症の予防にもつながります。

歯ぎしりセルフチェック

 

津田沼カナデル歯科
所在地
〒275-0026
千葉県習志野市谷津7丁目7-1 Loharu津田沼1F
※津田沼駅より徒歩1分/新津田沼駅より徒歩5分
電話番号
047-411-7118
診療時間
平日 10:00-13:30/15:00-20:00
土日 10:00-13:30/14:30-18:00
※休診日:祝日